インパクト評価ツールI-EVAをリリースしました

社会的インパクト評価は、知識が必要な上に複数のツールを駆使しなければならず、人的コストがかかりすぎることが課題でした。
専門的な知識の必要性は、専門家の存在を必要としますが、多くの団体で専門家のサポートを得られる状態は多くありません。
I-EVAでは、専門家の存在を得れずともより多くの方が社会的インパクト評価を行えるよう、
I-EVA上で知識がつき直感的に評価を進められ評価の全ての工程がI-EVA内で完結できるように設計しています。
これらの工夫によって、専門家によるサポートはもちろん、評価実施団体自体の社会的インパクト評価への人的コストを削減します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP